五月人形を学ぼう-雛人形リンク集

雛人形リンク集トップ五月人形を学ぼう

五月人形は、5月5日の端午の節句に飾る武者人形・兜飾り・鎧飾りのことです。なぜ、五月人形を飾るようになったのか、最近の若者は、不思議に思うかもしれませんが、むかしから、受け継がれるこの行事には、いろいろな考え、親としても思いがあったのです。五月人形には、歴史があるのです。昔から受け継がれてきた端午の節句について学んでいきましょう。

受け継がれる端午の節句

「五月五日はどんな日?」と聞かれたら皆さんはどんな日と答えるでしょう。やはり、子供の日だと答えるでしょう。うちの子供であれば、ゴールデンウィーク最終日と答えるでしょう。男の子がいる家庭であれば、五月人形をかざり、鯉のぼりを立てて、我が子の成長をお祈りし御祝いをすることでしょう。

昔からなじみ深いこの行事はいつ頃から行われるようになったのでしょうか。五月五日を子供の日といいますが、実は、このような呼び名になったのは最近のことなのです。本来は、「端午の節句」と呼ばれる日が五月五日なのです。「端午」とは、「端」は初め、「午」は五の音通で、五月初めの五日の意味があるのです。ちょっと勉強になりましたでしょうか。(参考 - 五月人形情報満載

奈良時代の端午の節句

「続日本紀」のなかで、五月五日を端午の節句として厄除けしたという記録が残されています。これは、宮中行事として始めて登場しました。ちなみに奈良時代の聖武天皇(733年頃)の時代です。このころは、五月人形を飾る風習はまだありませんでした。が、馬の上から弓を射る、騎射(うまゆみ)という邪気を払う儀式を行っていました。その他に菖蒲(しょうぶ)をかざったり、皇族や臣下の者たちに薬草を配ったりしていました。この当時の端午の節句は、子供に限らず厄除けの大事な日だったのです。

鎌倉時代の端午の節句

将軍・大名およびその家臣が登場したのは、鎌倉時代。この時代は、武家政治となりました。国の政治を行う朝廷では、おどろいた事に、端午の節句の儀式がなくなっていったのです。しかし、武士の間では、武道・軍事を重んじる尚武の節句として五月五日をお祝いする習慣が広がっていきました。対しまして、庶民は、騎射(うまゆみ)の儀式をまねて、五穀豊穣(ごこくほうじょう)・天下安全を祈る行事を行っていました。賀茂の競馬などは、その一つで、競馬を盛大に行っていました。

平安朝の末期に、競馬に替わって「印地打」が行われるようになりました。「印地打」とは、石合戦です。雪合戦ではありませんよ。子供たちが、敵と味方に分かれて石を投げ合う遊びです。この「印地打」(石合戦)は、1532年(天文)の文献に残されております。誰もが、ご存知の徳川家康も小さいころに、印地打を見物したと伝えられています。この印地打で子供たちは、盾をかざし、かぶとをかぶり紙幟を押し立てたまさしく戦場を再現したかのような様子であったといわれております。この印地打は、寛永二年に幕府に禁止され、なくなっていきました。

また、流行は短かったものの、印地切という遊びをするようになりました。これは、石ではなくて、菖蒲刀で戦うものです。今でも地方に残された古い菖蒲刀を見ることが可能です。次に、菖蒲打という遊びが登場しました。この「菖蒲打」とは、三つ打縄にした菖蒲で地面を打ち、その音の大きさを競うものです。これまでご紹介した端午の節句は子供たち自身で遊ぶものでした。

江戸時代の端午の節句

1764〜1780年の江戸時代半ばになると男の子の誕生を御祝いする日へと変わっていきました。で、でました。やっとです。五月飾りが現れたのはこの頃です。現代との違う点は、旗幟・かぶと・かぶと人形は、すべて外に飾りました。当時は、封建時代であり、男の子の誕生は、家の後継者となるため、とにかく世間に知らせたかったのです。

武家では、何本も幟を立てて、また甲や甲冑を外に飾り、世継ぎの誕生を御祝いしました。この習慣が一般の人々に浸透していきました。男の子の生まれた家では、幟の代わりに鯉幟(こいのぼり)や吹流し(ふきながし)、武者絵や人形をを飾り、御祝いしました。このころの甲や甲人形は紙製や木製であり、甲人形には手や足はついていませんでした。やはり、身分の違いがはっきりとしていたという現れでしょう。

したがって、武家の具足である甲をおもちゃとして現物に近い形し、町家に飾ることなど、決して許されなかったのです。

しかし、商家などではだんだんと、甲に蒔絵・梨子地・金類などを使用し、非常にぜいたくなものを飾りだすようになってきました。小旗には、絹布を使うなどとても豪華なものでした。1648年(慶安元年)には禁止令が出されるほどになりました。大きな火災が多かった1783年(天明)には、外に飾った節句の飾りものが火災を大きくするということで、外飾りは、禁止されました。そのようなことから、節句飾りは、小さいものとなり床の間などに飾られるようになりました。ちなみに、雛人形女の子の飾りものである雛人形は、昔から屋内で飾られていました。その雛人形の技術がいかされて、禁止されていたとはいえ、豪華な五月飾りがよりぜいたくになることになりました。武家で飾っているような甲冑や具足を飾りました。おもちゃのように見せかけて、実は、現物のようなすばらしいものを飾っていました。現在、博物館などに展示されている、当時の鎧飾りを見てみると、使用指定材料や技術・技巧の質の高さや美しさには、びっくりさせられます。おそらく、節句人形を作るために、職人たちは、競い合いながらすばらしく華やかな作品を作り出していったのでしょう。

明治時代の端午の節句

明治時代には、武家政治も終わりました。新しい政府は、武家の節句行事を廃止し、しばらくの間、端午の節句行事も行われなくなりました。が、我が子の誕生を祝う行事ですから、昔から受け継がれてきたこの行事は、なくなることはありませんでした。このような行事を忘れ去るなどできなかったのです。五月五日の端午の節句は、すぐに復活し、昔と変わることなく御祝いされました。それが、今、現在でも受け継がれている五月五日の端午の節句の御祝いなのです。

五月人形の飾り方

兜(かぶと)の飾り方

五月人形は、金属の部分があります。指紋がつきやすく、その指紋のあとで、錆がでることがありますので、そのような部分を触るときは、手袋をするとよいでしょう。その部分以外は、手袋の必要はありません。忍緒(しのびお)はほどかないようにしましょう。忍緒とは、兜についている結んである紐のことです。

  1. ダンボール箱に入っていた櫃を取り出します。
  2. 櫃の中から、兜の部品をすべて取り出します。
  3. 梱包につかわれていた紙などは、すべて櫃のなかにしまっておきましょう。片付ける際に、また使用できますから。
  4. 芯木を櫃の中心より少し手前に置きます。
  5. 袱紗(ふくさ)を芯木にかけます。(絵柄や家紋や作家名などが書いてあるふくさ(ふくさ)は、絵柄を正面にします。)
  6. 前立てを兜の中央の受け口に差込ます。前立てには、いろいろとあり、龍頭、獅子頭などがあります。(前立ての無いものもあります。御注意ください)【手袋を使用するとよいでしょう。】
  7. 鍬形(くわがた)を左右の受け口に差し込みます。剣の先が外を向くように差し込みます。左右差込を間違えないように。カミキリムシの触角(しょっかく)のようになったら間違いです。御注意ください。【手袋を使用するとよいでしょう。】
  8. 最後に兜を袱紗(ふくさ)の上に飾りましょう。前後左右の傾きを少し離れたところからチャックしてみてください。はい、立派な兜が、飾ることができました。

鎧(よろい)の飾り方

  1. ダンボールの箱に入っていた櫃を取り出します。
  2. 櫃の下にも毛沓(けぐつ)・すね当て・鍬形(くわがた)などのが入った箱があると思います。いっしょにとりだしてください。
  3. すべての部品をとりだしたら、櫃の中に梱包で使われて紙などをしまっておきましょう。片付ける時に、使用しましょう。
  4. 佩楯(はいたて)を飾りましょう。これは、一番最初に忘れずにやりましょう。後でやるのは大変です。佩楯(はいたて)の中心を鎧櫃の中心に合わせて、佩楯(はいたて)の帯の両端を櫃のふたの間にはさみ込みます。
    はさみましたら、しっかり櫃の蓋をしてください。
  5. 胴を飾ります。芯木を通した胴を蓋の中央よりすこし手前に置きます。
  6. 芯木の上部の溝に面頬(めんぽう)の紐を掛けます。兜の眉屁(帽子の屁にあたる部分)と面頬(めんぽう)上部が重なるくらいがかっこよく見えます。眉屁(まびさし)と面頬(めんぽう)の間にすきまがあかないようにしましょう。面頬(めんぽう)は、調節できます。片手で結び目を押さえ、もう一方の手で軽く引くと簡単に調節できます。紐を長くしたり、短くしたりできます。やってみましょう。
  7. 前立てを兜の中央の受け口に差込ます。前立てには、いろいろとあり、龍頭、獅子頭などがあります。(前立ての無いものもあります。御注意ください)【手袋を使用するとよいでしょう。】
  8. 鍬形(くわがた)を左右の受け口に差し込みます。剣の先が外を向くように差し込みます。左右差込を間違えないように。カミキリムシの触角(しょっかく)のようになったら間違いです。御注意ください。【手袋を使用するとよいでしょう。】
  9. 脛当(すねあて)を毛沓(けぐつ)に差込み櫃の前に揃えて置きましょう。最後に少し離れたところから全体を見て形を整えましょう。【注意】奉納型鎧と、一般的な鎧とでは、仕様が違います。奉納型には、脛当・毛沓・面頬はありません。

五月人形の部品の名称

五月人形の名称は、詠み方に戸惑うことがあるかと思います。読み方をおぼえましょう。

兜部品の名称

鎧部品の名称

関連ページ

雛人形リンク集ページナビ - 雛人形リンク集トップページ - 雛祭り - 五月人形を学ぶ - こいのぼりの選び方