雛祭り-雛人形リンク集

雛人形リンク集トップ雛祭り

目次 - 雛祭りについて 雛祭りの起源 雛祭りの料理 雛人形について

雛祭りについて

3月3日に女の子を主役として、無事に成人できるよう願うお祝いであり、家庭行事でもあります。身代わり、災厄よけのお守りとして雛人形を飾り、我が子が無事に成長したことを感謝し、また、将来への願いを込めてお祝いします。お祝いの席での料理は、はまぐりの汁や、ちらし寿司、雛あられ、鯛、白酒やひし餅が一般的です。

家族揃って行う雛祭りは、最近の女性にも好まれ、欠かせない行事として、最も重要視される家庭行事である統計も出ています。日本の五節供のひとつとして、古くから節目の日の祝い日とされる桃の節句(上巳の節供)に行われます。

雛祭りの起源

古くは平安時代、曲水の宴と呼ばれる、杯を水に浮かべる行事が行われていました。この曲水の宴が、現代の雛祭りの起源であるといわれています。3月初めの上巳の日に行われ、穢れを祓う目的があったようです。

この曲水の宴は、主に公家で行われていましたが、一般庶民の間では、それとは別に、赤ちゃんの枕元に木や土で人型を作り、置いていました。昔は衛生管理が悪く、また、栄養失調などで赤ちゃんがしばしば亡くなってたのですが、当時の人は、赤ちゃんが亡くなるのは、悪霊などの悪いものに命をさらわれると思い、身代わりに持っていってもらう人型を枕元に置くことで赤ちゃんを守れるのではないかと考えたからなのでしょう。この人型が曲水の宴の杯に次第に変わっていったのは、同じ穢れを祓う目的として、当然のことだったのかもしれません。

それから、人型の人形を3月初めの上巳の日に川や海に流すようになり、儀式的な行事へと変化していきました。公家の行うことですので、生活の質が向上すると、浮かべる人形が次第に豪華になっていきました。豪華になった人形は、雛遊びとして、公家の女の子の遊び道具にもなったようです。遊び道具として親しまれるようになった人形は、次第に流すことを止め、庶民の間で流行っていた人型を枕元に置いていた風習のように、置いて飾るようになりました。

現在の雛祭りの様式のように、女形、男形を主体とした、雛人形らしき飾りを飾ってお祝いしたのは、江戸時代、徳川家からの女帝天皇が生誕したときです。これは当時の絵として残されています。(参考 - 雛祭りの豆知識

徳川家女帝天皇が誕生したときの江戸時代の絵←当初は向かって左が男形の人形、向かって右が女形の人形を並べているのがわかります。一般的に云われているような現在と反対の並びではありません。

雛祭りの料理

最近では、ケーキやお菓子などの好物を添えることもあります。

雛人形について

雛人形は初節句(初めて女の子が迎える桃の節句のこと)に、赤ちゃんの祖父母からのお祝いとして贈られます。なぜ、雛人形が赤ちゃんの母親側の祖父母から贈られるようになったのかは、詳しい記述や記録はありません。思うに、桃の節句として初めて豪華な雛人形が飾られるようになった『徳川家からの女帝天皇が生誕したとき』に、献上品として徳川家から贈られたのが名残りとしているのではないでしょうか。

雛人形はわらを固く縛った胴体に、布で作った着物を着せ付けて作られます。現在はプラスティックで作られた手足が多く、また石膏のかたどりしたお顔に化粧し、髪は絹が使われます。また、最近では、木を使った胴体や木彫りの手足を使ったタイプの雛人形もあります。座った形を模している人形が一般的で、立っている雛人形は立雛と呼ばれます。親王台と呼ばれる台に座り、お殿様の手には勺、お姫様の手には扇が添えられます。頭には、お殿様が烏帽子、お姫様には天冠が被せられます。

お姫様とお殿様は、屏風の前に置かれ、両脇に雪洞が立ちます。お姫様とお殿様の前には、三宝か飾られ、桃の花の入った徳利が並んでいます。これは、色々な種類の雛人形に共通する飾り方で、その他の飾りは種類によって飾る場所や、置き方が変わってきます。種類は、親王飾り、三段飾り、五段飾り、七段飾りに大別され、呼び方では収納飾りやケース飾りと言った飾りもあります。(参考 - くわしくわかる雛人形

雛祭りの歴史を解説されているサイト

ひな人形解説ページ

雛人形のおすすめショップ

雛人形リンク集ページナビ - 雛人形リンク集トップページ - 雛祭り - 五月人形を学ぶ - こいのぼりの選び方